大ジョッキな日々



感動☆

GW最終日。
珍しく社員寮で一日を過ごした。
先輩と久しぶりに会い、来月のアノ事について話して盛り上がったりした。

それは「賞与」。

つまりボーナスだね!
景気のいい話をして気分は上々。笑

ただしやっぱり寮は刺激がない。
たまりかねて買ってきたCDとDVDを見るも一時のいわば気休めにしかならんかった。

退屈だ。。

そんなこんなで夜になり、いつも通りケータイでmixiをやっていたら…。

マッキーの日記発見。

世界放浪の話でもあるだかやぁと覗いてみた。


なんじゃこりゃ…。


俺がサラリーマンとして働いていた一年の間に
マッキーは、遠い異国の地でツラい経験をし、様々な人間と出会い、
一回りも二回りもでっかい男になってやがった!!

そういえば小実から卓の様子を聞いた時も、
男としてえらい成長したと言っていた。。

旅の濃い経験とはこれほどまでに偉大なものなのか…。

俺も何度か海外には行ったし、宿を決めずに現地で交渉したこともある。

レンタカーでラスベガスも行ったし、グランドキャニオンも行った。

あの感動が呼び起こされた。
正確には記憶から浮かび上がってきたのではない。
確実に「揺さぶり、叩き起こされた」イメージ。

俺は今まで狭い世界で悩んでた。
仕事に対する慣れもあり、驕っている面があったんだろう。

GW中に感じてたモヤモヤとした原因不明の不安感は、今晴れた。

将来に対する漠然とした不安、今のままでいいのかという不安。

原因はコレだ。

目の前を覆っていたものが晴れ、すごく気分はスッキリしている。

視界もクリアだ。

見通しはいまだにたっていないが、
幾分かはマシにはなってる。

彼らのように旅に出ることはできないが、俺は俺にしかできない経験をしているのだろう?

世界中、日本中の様々な人々に逢えない代わりに、この環境だからこそ会える人もいるのだろう?

新たなモチベーションが出来た。

帰ってきた二人に堂々と胸を張って会えるよう、
他の頑張ってる仲間に恥ずかしくないように。

誇ってもらえるくらいに。

ここが新たなスタートライン。
腐らず、驕らず、前を向いてまた再出発だ。

まだまだ時間はかかるだろうが、目標目指して頑張るわ!


2006年5月7日
秋山 大祐



>まっきー、卓
ありがとう。二人のおかげだわ!
友達になれて誇りに思う。
帰ってきたらお互いの近況を肴に飲みに行こうぜ、加賀廣へ。笑


ではまた☆
[PR]
by akiyama_da | 2006-05-08 01:05 | LOWENBRAU
<< パッチギ!☆ 以和為貴☆ >>


Cogito ergosum.
カテゴリ
全体
LOWENBRAU
HOEGAARDEN
BASS PALE ALE
GUINNESS
未分類
以前の記事
リンク~
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧